【Q&A】共有不動産の法律相談:共有の不動産を持っています。親族との共有ですが、売却したいと思っているのですが、他の共有者と疎遠になっており話しがうまくできません。賃貸に出せばそれなりに収入も入りそうですが、今はただ空き家になっています。また、このまま共有で所有していると相続のときに子供にも迷惑になるので、何とかお金にできないでしょうか?

共有不動産(土地・建物)は相続で発生したり、友人でいっしょに別荘を購入したりすると発生しますが、いろいろな場面で共有者との協議がうまくいかないと困ったことになりますね。また、今は高齢者が共有者で認知症になってしまって話しができないということもあります。また、これから相続で共有者の数がますます多くなると、有効利用をするのはどんどん困難になりますね。これを解決するには、共有不動産の使用方法・管理方法を共有者間で協議し、合意し書面化することもできます。しかし、ご相談者の場合、それができないから悩まれているわけですよね。根本的には、共有状態を解消すれば、単独所有になったりお金に換価されますので、解決できます。
では、こうするには、どうしたらよいのでしょうか?

これは、共有物分割という制度をつかってできます。

共有物分割には、何通りかの方法があります。最終的には以下の3種類の方法で解決させることになります。

① 現物分割
不動産そのものを分けることです。 土地なら複数に分割してしまえばよいです。建物の場合には、これは通常、難しいのである土地の上にだけその建物が乗っている状態で土地を分割するということはあるでしょう。

② 換価分割
これは、共有でもっている不動産を売却してお金にして売却代金を共有者で分ける制度です。 金銭になるので分けるのは簡単ですが、そもそもこれは売却が可能な場合にしか使えません。

③ 代償分割
共有者のだれかがその不動産全部をいわば買い取って、代わりに他の共有者に代金を払う方法です。この支払う金銭は代償金と言われます。誰かがその不動産を欲しがっていて資力があればこの方法が便利です。