【Q&A】特許権、実用新案権、意匠権又は商標権とはどういうことができる権利ですか?

特許権とは、特許権者又は特許権者からライセンスを受けた者(=特許権者等)がその特許発明を独占的に実施することができる権利です。また、特許権者等以外の第三者(=侵害被疑者)がその特許発明を実施した場合、その第三者の実施行為を差止めしたり、過去の実施行為について損害賠償などを求めたりすることができる権利でもあります。
 実用新案権は、特許権と同様と考えて差し支えありません。
 意匠権も特許権と同様の考え方ですが、権利範囲は権利化した意匠と同一又は類似の意匠にまで及びます。
 商標権も特許権と同様の考え方ですが、権利範囲は出願時に指定した商品やサービス(=役務)と同一又は類似の商品又は役務について権利化した商標と同一又は類似の商標にまで及びます。
 いずれの権利も独占排他権という強力な権利を有する点では同じですので、取得した権利に基づく市場での独占性を武器にして企業活動を有利に進めてください。

弁理士 高橋洋平
アイラス国際特許事務所
Mail yt@irus.jp TEL 080-4326-8337
TEL 03-5985-8577 FAX 03-5985-8578
http://www.iptotalsupport.com/
【東京オフィス】 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3ー5ー16 渋谷3丁目スクエアビル2F
【千葉オフィス】 〒279-0011
千葉県浦安市美浜2-10-407