【マンション管理、滞納、59条競売の法律相談】この59条の競売請求の訴訟(裁判)をするには管理組合はどんなことをしていけばよいですか?

 管理組合は以下の手続きを踏む必要がありますので、その後の訴訟にむけて弁護士の指導のもと手続きを進めるべきであると思います。

1 59条競売をするには訴訟を提起しないといけませんが、それについて管理組合は総会を開き、全区分所有者及び議決権の4分の3以上の賛成を得なければなりません。また、これより前に、その区分所有者に弁明の機会(言い訳をいう機会のことです)を与える必要があります。(弁明の機会は、決議をする集会の場で認めるとよいでしょう。具体的には当事務所にご相談ください)。
2 59条競売が実施される場合、手続費用としての管理組合が予納金をおさめる必要がありますので、その費用についても承認をしてもらうべきでしょう。
3 訴訟・競売の手続きには弁護士が通常は必要ですので、弁護士費用を管理組合が払う必要もあるため、弁護士費用についても総会で承認をもらうべきでしょう。