【マンション管理、滞納、59条競売の法律相談】59条競売ができるとどうなるのですか?

59条競売の結果、新所有者が所有者になればその新しい所有者がこれまでの滞納分を支払わないといけません。そのため、落札価格は低くなったり、誰も買いに来ないので組合(法人の場合)が落札することもできます。

新たな所有者は、通常は、新たにマンションを購入するわけで、投資目的で方が多く資力に問題がないことが通常ですし、滞納管理費のことも理解していますのでは支払ってくれることが多いです。
つまり、59条競売で、滞納している所有者を追い出して新所有者に今後の管理費のみならず、滞納された管理費についても払ってもらえることもあるのです。