【マンション管理、滞納、59条競売の法律相談】管理組合から競売を請求せずに、抵当権者が競売するのを待ったほうが弁護士費用などかからなくてよいのではないですか?

そのとおりです。これにより新所有者に代われば、新所有者から区分所有法8条により滞納管理費の回収ができます。

しかし、抵当権者がどこにいるかわからなかったり、何かのファンドのSPCで競売をする気配がない、銀行が債権者であるがローンの支払いはされているので競売にまで進むつもりはないということもあります。いろいろな理由で、抵当権者は競売申立をしないことが多いのです。

抵当権者が競売を申し立てることが見込めないなら、管理費を納めている他の区分所有者にとって滞納している所有者は有害です。そして、滞納額が大きいなら、管理組合として何かをする必要があるでしょう。何もしないときちんと管理費を払っている所有者への忠実義務違反となる可能性もあるでしょう。管理費を払っている所有者の利益保護のために、59条競売は有益な制度ですので利用することを積極的に考えるべきです。