【海外取引の基礎知識】インコタームズ:FOBとCIFについて

FOB:一定の船積港で、売主が決められた物品を船積みすることで売主の引渡義務が完了する条件のことです。売主は、船積までの費用と危険負担し、その後の費用と危険の負担は買主に移転します。売主は、輸出のために必要な輸出許可などを取得することや、物品が本船の手摺を通過するまでの一切の費用と危険を負担し、買主の依頼があるときは船荷証券などの取得への協力するなどの義務を負います。この条件では、船舶の手配が買主の義務になっていますが、実際には売主が手配した方が便利であるため、特約で売主に船舶および保険の手配を委託することもあります。
CIF:陸揚港までの海上保険料と運賃を売主が負担する条件です。売主は、決められた船積港で仕向地に向かう船舶に物品を船積みしその船舶を手配し、海上保険契約を締結する義務を負います。物品の物理的な引渡しが義務ではなく、船荷証券や海上保険証券、商業送り状(売主が買主あてに作成した商品の明細書)といった書類(船積書類)について売主が買主に提供すれば売主の引渡義務が履行されることになります。FOBとの大きな違いは、売主は、運送中の危険に対し自己の費用負担で貨物保険を手配しなければならないことです。保険については特約でインコタームズの指定されたものより手厚い保険が付保されることもあります。この条件では、特約がなければ売主による船積書類の引渡しと買主の代金支払とは同時履行の関係になります。また、危険負担も船積港において物品が本船の舷側手摺を通過した時に売主から買主に移転します。