【海外取引の基礎知識】インコタームズ

インコタームズとは、ICC(国際商業会議所)が定めた貿易の取引条件とそれに関する国際規則(International Commercial Terms)のことをいいます。

貿易取引条件が国ごとにことなるとトラブルが多いので、統一的ルールを決めてスムーズな取引を目指しているのです。
今のインコタームズは、「インコタームズ2010」というもので、時代とともに変化してきています。

インコタームズは、FOBなどのアルファベット三文字で表記されます。
売主・買主間の物品の引渡しに関する危険の移転がいつなのか
それぞれの役割や費用負担について
定めています。

ただし、支払われるべき代金・その支払い方法、物品の「所有権」の移転時点、契約違反の結果などについてのルールはないのでそれは当事者で決めることになります。

インコタームズ2010における規則

(1)あらゆる輸送形態に適した規則
(Rules for Any Mode or Modes of Transport)
EXW Ex Works         工場渡し
FCA Free Carrier      運送人渡し
CPT Carriage Paid To    輸送費込み
CIP Carriage and Insurance Paid To 輸送費保険料込み
DAT Delivered at Terminal  ターミナル持込渡し
DAP  Delivered at Place     仕向地持込渡し
DDP Delivered Duty Paid   関税込み持込渡し

(2)海上および内陸水路輸送のための規則
(Rules for Sea and Inland Waterway Transport)
FAS Free Alongside Ship            船側渡し
FOB Free On Board                本船渡し
CFR Cost and Freight                  運賃込み
CIF Cost, Insurance and Freight   運賃保険料込み

インコタームズ2010では、物品の危険は「物品が本船の船上に置かれた」時に売主から買主に移転するとしています。
今日では、コンテナ輸送が主流を占めているにもかかわらず、長年にわたる商習慣により、コンテナ輸送による契約条件でもFOB、CFR、CIFを使用しているケースが多いのが実情ですが、インコタームズで、本船の船上に置かれる前に運送人に物品が引渡される場合、例えばターミナルで引渡されるコンテナに入っている物品の場合は、おのおのFCA、CPT、CIPが使用されるべきと解説しています。

なお、インコタームズは、これまで国際貿易取引に適用する規則として使われてきましたが、2010年版では国内での売買契約にも使用可能な規則となっています。欧州連合(EU)加盟諸国域内などでの取引や米国国内で「統一商法典」の代わりにする動きもあります