【マンション管理、滞納、59条競売の法律相談】どういう場合に59条競売請求をすればいいでしょうか?

59条競売は、滞納管理費等回収の最後の手段とお考えください。
まずは他の手段により滞納管理費等の回収に努めましょう。
たとえば、管理組合が滞納者に対して通常の管理費請求訴訟を提起して、勝訴判決をもらって、滞納者のマンションを差し押さえて、通常の競売手続を行うなどの手段が考えられます。
それでも回収できない場合がこの59条競売の出番です。

通常の競売と59条競売とはどこが違うのでしょう?
当該マンションにすでに他の債権者の差押えがたくさんついていて、マンションを競売で売っても全部の債権者を満足できないような場合は、通常の競売を申し立てても途中で手続が取り消されてしまいます(無剰余取消)。
ところが59条競売の場合は、このような場合でも手続が取り消されずに、競売を行い、マンションを売却することができます。
これが59条競売の最大のメリットです。
滞納管理費等は、たとえマンションの代金からは回収できなくても、競売によってマンションを買った新しい所有者に請求し、回収することができます。

当事務所では、59条競売だけでなく、滞納管理費回収のためのあらゆる手続きについて、弁護士、司法書士、マンション管理士がトータルサポートさせていただきます。
お気軽にお問合せください。