【マンション管理、滞納、59条競売の法律相談】59条競売請求は、どんな場合に裁判所で認められるのでしょうか。

59条競売請求は、管理費等の滞納があればすぐに裁判所で認められるという訳ではありません。
過去の裁判例では、滞納額がマンション全体の管理費等総額に占めるウェイトが高くマンション管理に支障をきたしていること、59条競売請求の他に手段がないこと等の事実がある場合に認められています。
いきなり59条競売請求訴訟を提起するのではなく、まずは通常訴訟等の法的措置により管理費等の回収に努めることが必要になります。
当事務所では、59条競売請求だけでなく、滞納管理費回収のためのあらゆる手続きについて、弁護士、司法書士、マンション管理士がトータルサポートさせていただきます。
お気軽にお問合せください。