訴訟・紛争の法律相談

現代の取引は競争激化とともに、紛争の種も増えています。 長い関係を重視してきた取引慣行では、「まあ、これくらは長い関係ですからね・・・」と解決できたことも、収益に影響することであればそういうあいまいな対応ができにくくなっています。また、労働の流動により以前の担当者がどういう対応をしたのかわからず、かえって紛争を招いてしまうこともあります。